タトゥー除去を東京で行いたいときは

ピコレーザーや剝皮レーザーや植皮など様々な除去法がある

若い時に入れたタトゥーを消したい人が増えているピコレーザーや剝皮レーザーや植皮など様々な除去法がある美容外科やクリニックで最適な方法を相談すべき

「レーザー」の効果だけではなく、皮膚も削ることも含んでいる除去法が「?皮レーザー」です。
皮膚を削るというと、抵抗があるという人が多いのですが、最も身体に負担をかけない除去法と言われています。
皮膚に刻まれている墨を皮膚とともに剥がし、自然治癒に任せながら墨を抜いていくのです。
傷が治ったあとにレーザー照射を当てることで、残ったタトゥーもきれいに落とせます。
大きさにもよりますが、全てをきれいにするには1〜2年経過するとされていますから、施術期間はやや長めといえるでしょう。
ですがよりきれいに治療することが可能です。
東京では近年「植皮」という除去方法も出てきました。

これは先に墨の入った部分の皮膚を剥がし、他の健康な部分の皮膚を移植するという方法です。
より自然に見えるようにするため、採取した皮膚をそのまま移植する「シート植皮」や移植する皮膚を細かく刻んでから移植する「パッチ植皮」などがあります。
「植皮」の除去方法の最大のメリットは、即日タトゥー除去が可能という点です。
ですが、施術後から傷が落ち着くまでは1年間ほど経過すると言われています。
他にも「切除」するという方法も存在しています。
これはあくまで小さめのタトゥー除去として使用される施術です。